昔の子どもはよく泣いた!?その理由がわかりました

少し年配の方に子どもを見ていただいていた時に言われたのが、私の頃はこんなにおとなしくなかった。

少し横にするとすぐ泣いた。

今の子どもはすごいねと言っていました。

これは、昔の子どもの方が元気だったのかなという意味かと思ったのですが、そうではないようです。

昔の子どもは、親が子どもをあまりかまわないため、愛情を欲して泣いたという意味でした。

私の子どもが十分愛情を受けているのかはわかりませんが、横にしてもあまり泣かないということから、そのようなことをおっしゃったのだと思います。

考え方としては最もだなと思いました。

昔は子どもの数も多く、親が一人あたりの子どもにかけられる時間は奪い合い状態だったと思います。

また、時代としても働くことが優先され、子どもに向き合う意識や時間も少なかったのではないでしょうか。

私も妻も四六時中見ているというわけでもないですし、特に変わったことをしているわけでもないですが、かつてに比べると時間は多いのかもしれません。