臆病な子どもにするにはこう接すべき!?

先日のキッズコーナーでの出来事です。

少し月例の高い子どもが近くにいて、その子がよしよしという意味で、顔を撫でました。

その子には確実に悪気はなさそうな感じでしたが、顔を撫でたため、後ろに倒れてしまいました。

外から見ると、撫でようとしているように見えますが、倒された本人にとっては危害を加えられたと感じたようで、その後、怖がって他の子どもがいる時はキッズコーナーで遊ばなくなりました。

今回は初めての子どもに接する際の一つの大きな経験となっており、かつ、かなり悪い印象を持った経験になったと思います。

実は、4月から新しい保育園に変わったのですが、この経験があったせいか、あまり積極的に動かなかったようです。

臆病な感じになっていますが、私自身の経験からいうと、このような性格は、基本的に成功体験によって変わっていくものだと思っています。

初めての場所、初めての子どもと一緒に接しても楽しく過ごせるという経験を積み重ねることで、最初の1回のインパクトは徐々に薄れていき、改善されていくのかなと思います。

逆に言うと、そのような成功体験ができないまま過ごしていると、臆病さというのは残ったままになるので、時期を見て機会を作ってあげるのが良いかなと思います。

おそらく、接する子どもの月例が小さい方がネガティブなことは少ないと思うので、そのあたりも意識しながらいられればと思っています。