国内旅行業務取扱管理者試験を受けてきました

前々から宣言していた国内旅行業務取扱管理者試験を受けてきました。

もともと合格点を過去問でとれていたので、あまり勉強をするつもりはありませんでした。

いつもであれば前日はやるのですが、今回は風邪をひいてしまっていたのですが、当日の朝少し復習をするだけでの受験でした。

2週間ぐらい手つかずだったので、忘れている部分もあるかなと思ったのと、第3分野は観光名所などの暗記ものなので、そこを重点的にやりました。

結果は、なんと、第2分野が1問足りなく不合格となりそうです。

過去問を解いたときは、第2分野が8割程度と一番高得点の分野でした。

それがだめだったというのはショックでした。

暗記の必要な第3分野ですが、ここはあまり大変ではないかもしれません。

受験してみてわかったのですが、受験者層が若いんですね。

大学生ぐらいの人がほとんどです。

全く勉強をしていない状態で考えると、その世代の人たちに比べて、旅行に行っている場所や知識は確実に多いはずなので、自然とやさしめの問題がつくられるのだろうと思いました。

正直なところ、合格できると思っていたのでショックなこと極まりないのですが、来年は受験しないと思います。

このような勉強をすることは面白く、趣味として実施しているようなものなので、これからは語学を中心としたもっと実用的なことをやりたいと思っています。

残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です