夜泣き対策、功を奏せず

子どもの夜泣き対策として、寒い説と水分不足説というのが出ていました。(夜泣きの原因検証3つの対立説

最近では、水分を多めに与えているので、水分不足説ではなく、寒い説が有力説となっています。

寒さ対策をしようと、布団をかぶせたりはしているのですが、なぜかそれでも泣いたりします。

必ず一晩1回~2回泣くので、なかなか大変です。

対応としては、白湯をあげてそれで解決という正解は見えています。

ただ、起きて、お湯をわかして、あげて、哺乳瓶を洗ってという作業が面倒で仕方ありません。

10月頃から始まって、そろそろ4か月。

立春も迎えて暖かくなる時期なので、いつまでも続かないというのはわかっていますが、なかなか大変ですね。

もっと厚着をさせたら良いもかもしれませんが、そうするとどうぜ水分不足で泣くだろうと思ったりもしています。

ネット上で夜泣きについて調べてみると、もっと大変な事例が多いです。

理由がわからず泣いていて困る。

寝付かず一晩中起きているといったことが書かれています。

それらに比べると、理由が明らかですし、対応すれば一発で終わるので、楽なのかもしれません。

春になるまで頑張ろうかと思います。