実家に帰らせていただきました

2泊3日で実家に帰ってきました。

実家に帰らせていただきますというのは、妻の方が言う言葉というのが一般的だと思いますが、私のセリフです(笑

言葉を聞くと驚きですが、実情としては私の両親が子どもを見たいということで、預かるということだったので、ついでに私も実家に帰っているという感じです。

そうは言っても、まる2日間子どもの相手をしないでいられるというのは、体力的にはかなり楽になりました。

最近の連日の夜泣きというのは、いろいろな部分に影響が出ておりまして、両親の存在というのは大きいなと思ったところです。

保育園に預けていることから、子どもはいろいろな人に慣れているというのはあると思います。

両親に頼めない場合も、自治体で宿泊の預かりをしてくれるところがあるので、そちらを利用するのもありかと思いました。

仕事の時間がとれなくなってしまうのがきついので、そこの部分が調整できるというのがありがたいですね。

仕事をしすぎといえばそれまでなのですが、やるべきことはやりたいというのもありまして、悩ましいところです。