発信をしないことは不利益を被ることだと学びました

これまで、SNSでの発信というものは全く行ってきませんでした。

というのも、私のSNSはすごい人たちの集まりで、みんなが充実した生活を発信しあっているように感じて、自慢の仕合のような中には入りたくないなと思っていたからです。

それによって、評価されないという部分は大いにあったと思いますが、その方が実力を見てもらえると思ったので、あえて大変な道を選ぶというか、個人的な発信というのは控えてきました。

しかし、それも見直さなくてはいけない段階に来ていると感じています。

というのも、同じことをやっていても、発信をしている人としていない人では発信をしている人に評価がいくのは当然です。

さらにいうと、私が10のことをやっていて、ある人は5のことしかやっていないとしても、私が発信をしていなくて、もう一人が発信をしていた場合は5の人の方が評価されるということがわかったからです。

これは、私のフィールドがそのような環境に移ってきたというのもあるかもしれません。

SNSで分かる通り、私の周りには発信に長けている人たちが多数いるわけで、その人たちと渡り歩くには、私も同じ土俵に上がらないといけません。

日本にある言わない美徳というものが国際的には通用しないのと同様に、個人も発信していかなくてはいけないということを切実に感じています。

この発信している人勝ちの状態をどうにかしたいと思うのですが、当面は解決方法は思い浮かばないため、自身が発信する側に回らないといけないなと思ったところです。

発信している人勝ちの状態を解決するというのは今日、得ることができた私の中での大きな収穫です。

グローバルで日本人が戦っていく中で、ここがどうにかできるとしたら、とても大きな部分になると思います。

パッと思いつくのは情報の価値を判断できるようにすることですが、これはかなり大変な気がします。

身近な人のことを信じてしまうのが人間で、SNSでつながっている人だということで、信じやすい環境ができているのも事実です。

この課題解決に向けて、一緒に考えてくれる人を募集します!

お気軽にご連絡ください。