SSL化によるワードプレスのサイトへの影響

ウェブサイトのSSL化というのをご存知でしょうか。

URLのhttpをhttpsに変更するという作業なのですが、これをすることによって、サイトが暗号化されることになります。

かつては個人情報の入力画面のみ設定というのがメインだったのですが、最近では常時SSL化といって、すべてのページをSSL化する対応が迫られています。

google chromeでは、これができていないと保護されていないサイトという表示が出てしまいます。

まちづくり×ITに取り組む企業としてはこれはまずいということで、すべてSSL化をしたわけですが、このブログだけ設定がしっかりできていなかったようです。

FTPとワードプレスを併用しているのですが、ワードプレスでの対応がうまくいかなかったようです。

プラグインがうまく機能しなかったのが原因ですが、ログインした状態だと表示されるんですね。

そのため、うまく機能していると思っていて、気づきませんでした。

ウェブサイトやプログラミングをしていて、完成した時のスッキリ感がとても好きです。

今回も気づいて、修正でしっかり表示されるようになったときのスッキリ感が良かったです。

大したことはしていないのですが、ちょっとしたことで達成感が得られるというか、得るようにするというのも大切なことのような気がします。