BCGは海外では打たないところもあると知りまして

BCGを受けてきました。

といっても、行ってきたのは妻です。

どっちの腕に打ってきたのと聞いたら、右というので、右腕をみたら跡がありませんでした。

妻が言うには、自分から見て右ということでした。

そんな妻です。

BCGはかなり痛い注射みたいですね。

それまでの注射よりも痛かったようで、リアクションが大きかったようです。

また、雰囲気を察する力もついてきたようで、腕をつかまれていた時など、不審な顔をしていたということでした。

BCGは後々も跡が残っている人が多いと思います。

外務省情報によると、フランスではBCGは危険性がある場合以外は打たないようです。

ドイツでは実施していなかったりするようで、結核に対する考え方も国ごとに違うものなんですね。