国内旅行業務取扱管理者試験まさかの結果が…

家に帰ると、書留で全国旅行業協会(ANTA)から書類が届いていました。

そういえば、国内旅行業務取扱管理者試験の結果が届く時期だと忘れていました。

自己採点では1問足りず、不合格が見えていましたので。

なぜ、書留で来ているのか不思議に思いながら、というか書留で来たということは、もしかしたら合格したのかと少し期待しながら開けてみると、合格していました!

確かに自己採点では第2分野で1問足りなかったはずなのですが、なぜなのか疑問で、調べてみました。

すると、その結果がわかりまして、合格基準に変更はありませんでした。

しかし、私の1問足りなかった第2分野で私の間違えた問題が、出題ミスで、もともと正解のない問題となっていたことがわかりました。

それで、全員が正解となり、合格基準を超えたということで合格したようです。

今回受験して、二度と受験はしないと決めていたので、合格してラッキーでした。

勉強時間の効率としてもかなりのものになっているのではないかなと思います。

どのように勉強したかはあまり参考にはならないかもしれませんが、

国内旅行業テキストを読み終わる

国内旅行業過去問を解いてみた

の記事をご覧いただければと思います。