ホシノマチ団地のメディア掲載が増えてきて感じること

ホシノマチ団地のオープンが11月1日になりまして、施工工事もそろそろ終わるという感じになっています。

特に何の発信もしていないのですが、メディアの方からお問合せをいただいており、とてもありがたいと思っているところです。

先日、はじめて取材を受けました。

カメラマンもいて、スタジオで撮影というのは初めてだったのですが、髪の毛とかもあまり整えずに行ってしまったので、若干後悔しています(笑

カメラで撮られていて、やはり最初は固くなってしまうようで、話しているうちに徐々に表情も出てきたのかなと自分でも感じていたところです。

ただ、取材をされる側になってみて思ったのが、もっと調べてきてほしいということでした。

ホシノマチ団地は日本初の取り組みです。

しかも、新たなことが多すぎて、すべてを話すのにはかなり時間がかかります。

また、新規の取り組みをなぜするのか、そして、その新規性のどこがおもしろいのかというのは、深くまで話さないとわからないところだと思います。

さらにいうと、ここが大きなポイントでというのがあって、そこまで聞いてもらわないとホシノマチ団地すべてを語りつくしたことにはならないというのがあって、残念ながらこれらのポイントは聞いてもらったら出てくるものの、あまりに多すぎて文章にまとめられていないというのも実際です。

実は、今回取材を受けた私の狙いとしては、そこをうまくまとめてもらえるかもという期待をしていたのですが、おそらく一部だけが切り取られての掲載になるのではないかと予想しているところです。

取材の成果は11月のオープン以降に徐々に明らかになっていくと思いますので、ご期待ください。