会社で生命保険へ加入しました。そこから気づいた自身の変化

生命保険に加入しました。

個人ではなく、会社の代表者としてです。

現状では健康状態は極めて良好ですが、万が一の時に、一緒に仕事をしている方々に迷惑をかけられないので、今のうちに入っておこうというのがその理由です。

会社で入ると、税金逃れだとか、利益の繰り越し的に使う保険というものもあるようですが、現状そのようなことをするよりは、新たな事業に投資していく方が効率的ですし、効果も上がるだろうということで、掛け捨て型にしています。

また、直近必要な部分だけの保障で良いので、10年間だけにしました。

今の事業規模に応じた保険額なので、数年後にはもっと大きな規模での保障が必要になると思います。

その時には新たに保険をかけるということになると思います。

安定した身分ではないので、先のことはまた先になったら考えるという思考方式になっていまして、その点は自身での変化かかなと感じているところです。

このような自分の変化に気づいておくというのはとても大切で、過去の自分の思考パターンを覚えておくことで、異なる立場の人の考え方も理解しやすくなりますし、自分の考えの幅も広がるのではないかと思います。