最近、中国人には東京よりも大阪が人気やねん

中国人のインバウンドが増えています。

東京、大阪間のゴールデンルートというのは存在しますが、大阪はなぜ人気なのでしょうか。

実は、大阪は買い物にとても便利だということです。

東京だとブランドもの、電化製品などで複数の場所に行かなくてはいけないことが多いようですが、大阪だとそれが一か所ですむことが大きいようです。

爆買いという言葉がありましたが、これはかつて円高によって、日本で安く仕入れて中国で高く売るという転売目的の人も多くいました。

円安になってその勢いは弱まったものの、日本製品のブランド力は強いようです。

友人、知人に頼まれて買い物をするということが多いようで、自分のものであれば別ですが、他人のものであれば簡単に一か所で済ませられると良いというのが本音のようです。

そういった点で大阪だと一か所で済ませられるので、楽だと言っていました。

こういうところは中国の方々が合理性だなと感じるところです。