中国の食事で必ず出てくるものは何か

Exif_JPEG_PICTURE

中華料理というと、麻婆豆腐、エビチリ、杏仁豆腐、酢豚、回鍋肉などが思い浮かぶ人が多いと思います。

ただ、前にも書いた通り、杏仁豆腐は中国人に言っても通じません。

これらは、中国にもありますが、日本での定番料理といえると思います。

では、中国の食事で必ず出てくるものは何か。

餃子でしょうか。

違います。

実は、餃子は北の方でしか食べません。

では、お米でしょうか。

これも違います。

お米は南の方で食べる感じです。

マントウでしょうか。

これも北の方で食べる感じです。

実は、中国は北から南でかなり広いので、食べるものはそれぞれ異なっていて、どの地域にもある定番料理というのはないんですね。

八大料理というのがあって、山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、広東料理、湖南料理、四川料理と地域によって違います。

しかし、私は気づきました。

どんなお店に行っても出てくるであろう食べ物を。

それはスイカです。

日本ではスイカは夏にしか食べませんが、中国では年中出てきます。

そして、どんなお店に行ってもデザートとして出てきます。

というのも、中国では新疆ウイグル自治区の方に砂漠地帯があって、そちらの地域だと年中栽培できるからみたいです。

砂漠は昼間は暑くて夜は寒いという1日の寒暖差が非常に激しい地域です。

そのため、冬は暖炉を囲んでスイカを食べるというのが普通らしいです。

円卓のお店にいくと、大体最後にスイカを含んだフルーツが出てくると思います。

面白いのが、色が白っぽくても甘いものがあるということです。

日本では赤いものが甘いといったイメージがありますが、本来色はあまり関係ないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です