子育てが出世に影響しないようにするために立ちはだかる障害

会社をやっている者としては、出世とは無縁の生活になっています。

しかし、会社勤めの人にとっては育児と出世とは切っても切り離せないものになるようです。

たしかに、育休として休んでしまうと仕事を全くしないため、キャリアにはなりませんし、復帰後にもシステムが変わっていてそれに追いつくことにも時間が取られてしまいます。

この点は、まだ役所が縦割りだからなのか、テレワークや短時間勤務という働き方改革の部分と育児部分の連携が取れていないところかなと思います。

というのも、育児をしている身からすると、育休中も絶えず育児に時間が取られているわけではないので、空き時間に仕事はできると思うからです。

もちろん、家に子どもがいて、いつ泣き出すかわからない状態だと集中できないというのはあります。

そうであれば、両親二人ともテレワークとか短時間勤務を育休の代わりに適用して、それぞれが柔軟に働くというのもありかと思います。

結局会社側で柔軟な対応が必要になってくるので、できるところは限られるでしょうね。

仕事のスタイルへの固定観念、たとえば顔を合わせて打ち合わせをしないといけない、拘束時間によって給料が支払われるといった部分の変化が期待されるものなので、成果主義でいける業界や職種は比較的取り組みやすいかもしれません。

一方で窓口業務など拘束時間と一定人数の確保が必要な職場はその都度対応しないといけないので大変になりますね。

限界まで利益をあげようというのではなく、生活していけるだけの利益をあげるというスタイルの会社があれば、その点は心配なくなりそうですが、利益追求が企業の基本なので、難しいでしょうか。