これでスッキリ。好きなことを仕事にするとはこういうこと。

よく、好きなことは仕事にしない方が良いと言われます。

なんとなく、事例としては聞いていても、その理由がなぜなのかをはっきりと認識できずにいました。

いくつか理由はあると思うのですが、ビジネスという観点から考えてみたいと思います。

私の考えるビジネスとは熟練した技能を繰り返し提供することによって収入を得ることです。

多少に違いはあっても、提供するサービスは同一のもので、それを繰り返すことになります。

この繰り返しというのが一つのハードルで、趣味というのは、自分の好きなことを好きなだけ行うため、繰り返しの回数も自分で決められます。

しかし、ビジネスになると一定程度の収入を確保するために繰り返しの回数が自分の都合よりも収益面での効率性を優先しがちです。

また、初期投資に対する繰り返しを行う最低回数も求められるため、途中でやめることも難しくなります。

たとえば、ある曲が大ヒットしてしまうと、自分としては違う曲を歌いたくなっても常にその曲を歌うことを求められるというような状況になります。

それを受け入れられるかどうかというのがビジネスとして継続していけるかどうかという一つの選択になるところです。

どのようなことであれば繰り返し同じことをしても一生続けられるか。

これを意識した上で仕事の選択というのはしても良いのではないでしょうか。