なぜ、畳の上で寝ているのか

寒くなってきました。

これまで、寝るときはおむつと肌着だけという状態だったのですが、最近はパジャマを着せています。

大人よりも少し薄着ぐらいがちょうど良いということを生まれた直後に聞いていたので、そのままそうしています。

もう2歳近くなるので、そろそろ大人と同じような扱いにした方が良いのでしょうか。

とは言っても、厚着をさせると汗をかいていることもあるので、そのあたりはしっかりとこちらで把握しておかないといけないなと思うところです。

さて、寝るときの話なのですが、子どもが布団の上で寝てくれません。

畳の上では固いし、寒いだろうと思って布団の上に移動させるのですが、いつの間にか畳の上に行ってしまいます。

最初は一度畳の上に落ちると、布団とのわずかな段差を乗り越えることができず、戻れないのかと思っていましたが、そうでもなさそうです。

暑い時期であれば、涼しい畳の上に行っているのかと推測もできたのですが、最近は寒くなってきているので、ちょっとその点は疑問です。

あと考えられるのは、布団と畳の段差を利用して、枕のような状態を作っているのかもしれないとも考えました。

しかし、必ずしもそのような状態とも限らないので、これも微妙です。

掛け布団についても、基本的にはかけていないので、気づいたときにこちらがかけるしかありません。

寒くないからそういう行動をとっているのかもしれませんが、これからの時期が心配です。