人見知りをしないように育てることはできるのか

新幹線での二人旅は無事修了しました。

新幹線内では全くなくこともありませんでした。

標高が高くなるので、耳が痛くなって泣いたりするかとも思ったのですが、大丈夫だったようです。

会議などにも同席しましたが、みなさんの理解の下、過ごすことができました。

どの場所でも完全に最年少会議出席者です(笑

いろんな人にだっこをしてもらいましたが、言われたのが、男の子よりも丸みがあるということでした。

この時期から体系に差というのは出ているものなんですね。

あと、だれにでも笑顔なので、人見知りをしないということも言われました。

保育園に行くのが早く、いろいろな人に触れているのが大きいのかなと思います。

保育園に預けるときも泣いたりすることはないので、意味がまだわかっていないだけなのかもしれませんが、親としては楽です。

性格の違いなのか、月齢的なものなのか、そのあたりはよくわからないところです。

子育てをしている人間からすると、おむつを替えたりというのは大変な作業になりますが、時々会う人にとっては、やってあげるねと言ってもらえる程度のものになっているようで、おむつ替えも手伝っていただけたり、とても助かりました。