子どもの寝かしつけには読み聞かせではなく暗唱

子どもが妻になつくようになってから、寝かしつけが大変になりました。

というのも、寝かせようとすると、ママ、ママと言って泣くようになったからです。

何か対策をたてなくてはと思ってやってみたのが本でしたが、これが効果てきめんで、本を読みだすと泣きやみます。

ただ、寝かしつけのためなので、明るい中で読むわけにはいきません。

自然と暗い中で読むことになります。

どうやって読んでいるかというと、暗唱です。

すでに何十回も読んでいるので、覚えてしまっているんですね。

最初は暗い中でも絵を見ながら、書いている内容を思い出していましたが、最近ではそれも必要なくなりました。

全文の暗記が完了したわけです。

そうなると、本も必要なくなるので、言葉だけで寝かしつけるようになりました。

てっきり子どもは絵に関心があると思ったのですが、物語を聞くことに関心があるようで、暗唱しているだけでおとなしく寝てくれます。

何度もリピートするわけですが、そろそろ他の本も暗唱できるようになっても良いかなと思い始めています。

暗唱しているのは、はらぺこあおむしです。