中国には真のカラオケボックスがある!

カラオケという言葉は、日本発祥で、世界でカラオケで通じます。

中国でもかつてはそうで、卡拉OKというのが中国語でのカラオケでした。

しかし、最近ではKTVという言われ方がされています。

カラオケテレビの略のようです。

一般的には日本と同じようなカラオケボックスを指すのですが、最近では単独個室型、かつ無人のカラオケボックスが出現しています。

こんな感じで2人だけが入れるボックスで、そこで歌うんですね。

これはいろいろなところにあり、空港にもありますし、デパート、インキュベーションセンターにもあったりします。

ゲームセンターのゲームと同じような感覚でカラオケが歌える漢字です。

料金は、時間制で15分単位でできたりします。

数曲歌って終わりですが、ちょっと歌いたいっていう人には良いのではないでしょうか。

結構大きな声で歌うとボックス外にも声が聞こえるのですが、設置してある場所がにぎやかなところが多いため、ほとんど気になりません。

日本だと一人カラオケは行きにくいということが言われますが、これであればその問題も解決するのではないでしょうか。

ゲームセンター内に今後は増えていくような気がします。