安全がタダの国、日本。これが日本の強みだった。

訪中事業に関わっていると中国の優れたところをたくさん見ます。

そのため、日本よりも進んでいると感じる機会は一般の人よりも圧倒的に多いと思います。

では、中国人が日本を見たときに日本の方が進んでいると感じる部分は何か。

その一つは信頼感だと思います。

特に製品や食品に対する安心感というのは非常に大きく、日本のものだから壊れにくい、安心して食べられるというのはあると思います。

そして、その安心感の対価として中国産よりも高くても買うということが起こっています。

しかし、それは中国国内での話であって、日本に来てみると、値段が安い。

そうであれば買うしかないとなるのは当たり前だと思います。

日本の物価は高いと言われますが、それは果物や野菜等日常品に対してで、それ以外のものについてはほとんど変わらなくなっているのが現状かと思います。

中国は格差が大きいため、日常品については安いものも多いです。

ただ、それは安全性という尺度で測ると不安な部分が残るのも確かです。

安全性を求めるとなると、それなりの価格に転嫁してくるので、日本と同レベルの生活をすると同じような費用がかかるのではないでしょうか。

このように考えると、中国の人たちの日本に対する信頼感というのは、一定の安全性がないものを排除する日本の社会環境から来ているもので、その点では中国には当分真似できない部分のような気がします。

一人当たりGDPが日本よりも低いというのは、このような点での差なのかもしれません。