みんなのまちづくり

まちてん

まちてんとは
 まちづくりには、行政、民間、大学などのさまざまな主体が関わることが必要です。
 さまざまなアクターが関わり、イノベーションを起こすためのプラットフォームとしてまちてんは生まれました。
 第1回目は2015年に実施し、まちてんをきっかけに様々な取り組みが生まれています。
 まちづくりで活躍する人たちへ光をあて、さらなる協創が生まれる場づくりを行っています。
まちてん公式ホームページ:http://machiten.com/





動画
【特別セッション】飛び出した公務員が語る公民連携(まちてん 2017年12月9日)


まちてん2017 持続可能なまちづくり宣言
 日本のよいものを「クールジャパン」として掘り起こし、「インバウンド」の皆様にも訴え、「レガシー」として次世代に残していくことが求められている。
 そのため、世界的視野に立って、世界の持続可能性の共通言語である「持続可能な開発目標」(SDGs)を活用し、関係者が連携して地域課題を解決していく。
 「まちてん」を協働で新たな価値を生む「協創力」を発揮するためのプラットフォームとして育て、新たな地方創生まちづくりを目指す。
 まちづくりで活躍する人たちへ光をあて、さらなる協創が生まれる場づくりを行っています。
 「日本のまちに光をあてろ」をテーマにした「まちてん2017」にあたり、活動指針としてこの宣言を発信する。
まちてん 2017 持続可能なまちづくり宣言原文
 弊社では、まちてん事務局として、SDGsの推進に取り組みます。
 また、本宣言をきっかけに、弊社が取り組む各プロジェクトにおいても、SDGsの達成に向けて貢献することを目指します。